バーチャルオフィス名古屋
トップページへ戻る ご利用案内 料金一覧表 お申し込み よくあるご質問

バーチャルオフィスはこんな時に使えます-その2

   
メリット
経費を節約できる
セキュリティの強化
信頼度が上がる
 
バーチャルオフィスの特徴

低リスクで起業・開業したい


最近、TVニュースや雑誌などで「サラリーマンから独立起業」、「自宅で働く主婦」、「週末起業」などと、起業に関する特集をよく目にします。

皆さんの中にも、「この趣味をビジネスとして利用できたらなぁ。」とか、すでに独立に向けて具体的な計画を立てている方がいるかもしれませんね。



バーチャルオフィスを一番薦めたいのは、まさにこれから独立や開業を行うという方です。バーチャルオフィスのメリットは3つあります。

1、バーチャルオフィスの所在地を法人登記や名刺に利用できる。
2、オフィス(事務所)などにかかる初期費用を節約できる。
3、事業をいつでも軌道修正できる。



バーチャルオフィスのメリットは、商用の住所として利用できる点です。起業すると、法人登記のほかに名刺や自社ホームページ、パンフレットなどと、さまざまなシーンで住所を記載する機会が出てきます。

事務所を借りる場合は、わざわざ住所を公開することに抵抗を感じることはありませんが、代わりに、会社としてまだ利益が出ていないゼロの段階から高額な初期費用を費やさなければなりません。



一方、自宅兼事務所としてビジネスを行う場合は、事務所を借りる場合に比べ初期費用はかなり抑えられますが、その代わりにリスクとなるのが、公開する住所が自分が現在住んでいる場所という点です。

中には、遊び半分であなたの自宅を探し出す人や、お客様からの突然の訪問によるクレームなど、自宅の住所を公開することで考えられるリスクは無数にあります。



バーチャルオフィスを利用した場合、上に挙げたどちらのケースでもリスクを回避することができます。例えば、バーチャルオフィス住所を所在地として利用すれば、その分の初期費用は何十、何百分の一に圧縮できます。

また、自宅ではなく、バーチャルオフィスの住所をホームページ上や名刺に掲載することで、プライベートな住所を公開することなく、安心してビジネスに専念することもできるのです。



経費圧縮と安全性、セキュリティの面を考えても、バーチャルオフィスを利用することのメリットはとても大きいと言えます。



バーチャルオフィス名古屋の各プランの説明、お申込みはこちらからできます。           (ここにバナーを置く予定


▲ ページトップへ戻る