バーチャルオフィス名古屋
トップページへ戻る ご利用案内 料金一覧表 お申し込み よくあるご質問

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

   
メリット
経費を節約できる
セキュリティの強化
信頼度が上がる
 
バーチャルオフィスの特徴

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの特徴


バーチャルオフィスとレンタルオフィス、名前こそちょっと似ていますが、その中身(仕組み)や特徴は違います。

例えば、レンタルオフィスには、個室やパーテーションで仕切られた自分専用のブース(スペース)があります。中には、共同で利用するところもあるため、利用する前に事前に連絡が必要です。



なお、そういった個別のスペースでは、取引先の相手との待ち合わせをしたり、ビジネスの商談、独りっきりで集中して仕事をする時など、場所が必要な方に適した簡易オフィスとなっています。

ちなみに、利用できるサービスがバーチャルオフィスに比べて豊富ですので、料金も高めに設定されています。



一方、バーチャルオフィスの場合は、個別のブースや会議室といった“場所”を提供していないため、利用料金は数千円単位〜と割安なのが特徴です。

実際に、バーチャルオフィス名古屋の場合も、法人・個人に関わらず、5,250円から住所レンタル+郵便物の受け取り代行ができたりと低コストで複数の代行サービスが利用できるようになっています。



また、バーチャルオフィス名古屋では、荷物のお預かり状況などのご連絡もすべてパソコンや携帯電話のメールで行っておりますので、忙しい時にお知らせの電話がかかってきたり、用件を忘れてしまった!といったミスが置きにくくなっています。

さて、ちょっと話がそれてしまいましたが、レンタルオフィスは、共同もしくは専用スペースがある分、よりビジネスに特化した事業および法人向けのサービスとして最適です。



また、バーチャルオフィスの場合は、低コストで住所レンタルや転送電話などの代行サービスが利用でき、個人・法人を問わず手軽に活用できる簡易オフィスとなっています。


バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

バーチャルオフィス レンタルオフィス
・会議室や個人専用スペースなどの“場所”がない。 ・自分だけの省スペースが利用できる。
(ただし共有の場合は、事前予約が必要。別途料金がかかる。)
・低コスト。数千円単位で利用可。 ・バーチャルオフィスに比べて割高。万単位〜。
・有料オプションが豊富。
・個人、法人向け。 ・ビジネス、法人向け。
・個人では申し込めないところが多い。


その他、バーチャルオフィス名古屋では、より一人ひとりに合ったサービスを提供するために、格安なセットプランや個別プランなど、豊富な料金設定をご用意し、皆様のお役に立てることをお待ちしております。



バーチャルオフィス名古屋の各プランの説明、お申込みはこちらからできます。           (ここにバナーを置く予定


▲ ページトップへ戻る