バーチャルオフィス名古屋
トップページへ戻る ご利用案内 料金一覧表 お申し込み よくあるご質問

バーチャルオフィスの活用法(個人)

   
メリット
経費を節約できる
セキュリティの強化
信頼度が上がる
 
バーチャルオフィスの特徴

バーチャルオフィスはこんな時に使える!


バーチャルオフィスと聞くと、どことなく仮想的でインターネットに関連した何か新しいサービスのような気がしますが、実際にはインターネットやパソコンが普及する前から利用されてきた「私書箱」や「住所レンタル(住所貸し)」、「秘書代行」や「転送電話」といったサービスを総称したものです。

また、バーチャルには、“擬似的”や“実体のない”といった意味もありますが、バーチャルオフィスの場合は、使用できる住所を法人登記や特定商取引に基づく表記に記載できたりととても実用的なサービスです。



バーチャルオフィスの利用例


バーチャルオフィスには、「転送電話」や「住所レンタル」を総称する以外に、それらの代行業務をまとめて行えるという特徴があります。

例えば、特定商取引に基づく表記を行う場合には、運営者の住所と連絡先が必要となります。その場合は、バーチャルオフィスの「住所レンタル」と「転送電話」を活用することで、プライベートな住所などを公開せずにビジネスを行うことができます。


また、自宅兼事務所としてバーチャルオフィスを利用する場合には、“東京都○○区”や“名古屋市○○区”といった知名度のある住所を利用することで、信頼度アップにも貢献できます。

つまり、バーチャルオフィスを利用することで、さまざまな目的やシーンに応じた代行が可能となり、より快適にビジネスを行える環境が整います。



その他にも、起業する際の事務所としてバーチャルオフィスを利用すれば、実際に賃貸事務所を利用した場合に比べ、数十万以上の経費節約が可能となります。
▲ ページトップへ戻る